東京都内で建設する際のアパート建築費

不動産投資をなさる方が急増している

不動産投資をなさる方が急増しているアパート建築費の概要しっかりと吟味をしましょう

日本では、2010年以降不動産投資をなさる方が急増しています。
これは、2009年に当時の政府が掲げた2000万円問題に起因をしているといるでしょう。
それは65歳以上の方が100歳まで生活をするには、約2000万円の貯蓄が必要であると見解を示したからです。
ところが約80パーセントの方が400万円程度の蓄えしかないと回答されており、人生を謳歌できないと悩まれる方が急増するに至りました。
そこで40代から50代の現役世代では、将来満足できる暮らしをするために、アパート経営をして収入を増やそうという動きを見せられたわけです。
私は東京都品川区で設計事務所を経営しており、これまでに数多くのアパートの設計を手掛けてきました。
そこで、これからアパート経営に乗り出そうという方に向けた、東京都内で建設するのに必要なアパート建築費の概要をご紹介していきましょう。
計3つのスタイルが異なるアパートを例に挙げていくので、参考にしていただけると幸いでございます。

アパート経営において、まず確認したいのが建築費です。
費用の内訳、坪単価を元にアパート建築費の具体例を解説。
さらにアパート建築費を適切に抑えるコツを紹介します。
https://t.co/LOpP9pkZcZ pic.twitter.com/A5dVdaaoK5

— 土地活用プラス (@tochikatsu_plus) October 24, 2019