東京都内で建設する際のアパート建築費

アパート建築費の概要

まず最初は、ファミリー向けの場合を見ていきます。
3LDKのスペースが基本となっており、地上3階建てのハイツが好まれるものです。
この場合のアパート建築費は、約8100万円が相場です。
鉄筋コンクリートで300平方メートル・土地面積の単価は12万円と計算をしました。
鉄筋だと約20年は耐久性を保っているので、メンテナンスが少なく済むのがメリットと言えるでしょう。
次に学生向けの1DKだと、鉄筋ではなく木造の2階建てが理想的です。
アパート建築費は約2500万円となり、戸建て住宅とさほど変わらないのがポイントになります。
都内なら台東区周辺で多く見かけるもので、学生だけでなく高齢者の単身世帯も入居するので、安定した収益が見込めるのがポイントでしょう。
なお、鉄筋にすると約1.8倍のお値段になるので、費用を最小限に抑えたい方は避けた方が無難です。
つぎに夫婦だけの世帯を対象にしたテラスハウスだと、木造ならアパート建築費は約4000万円・鉄筋は6000万円となります。
このスタイルの住居は中野区・世田谷区に多く、建設費用よりも土地の価格が高くなってるのがポイントです。
世田谷区に至っては若年世帯が多い特徴にもなっているため、入居される方が多く収益をしっかりとあげられます。
アパート建築費で着目をしたいのは、内装費が約40パーセントを占めている点です。
壁紙からフローリング・サッシなどの部材費用が含まれており、これらは施工主自身で考案をすれば大幅に減額を実現することができます。
たとえば、フローリングなら一枚板だと10平方メートルで約2万円はするものです。
これを合板にすれば80パーセントのお値段の引き下げを実現するので、必然的にトータル費用を下げることもできるということになります。
たとえば、コンセントの数をひとつ減らすだけでも約500万円の節約もできるわけです。

不動産投資をなさる方が急増しているアパート建築費の概要しっかりと吟味をしましょう